正匠ブログ:現場レポート
「正匠の家」現場レポート

祁答院の家〜完成しました〜

0
    ご実家周りの景色


    祁答院の家 
    コンセプト:『生まれ育った地、変わらぬ景色に囲まれてコンパクトに暮らす家』
    ご実家の目の前に広がる田園風景。
    隣に住む甥っ子くんは、「この景色が一番いい!!」とお気に入りなんだそうです。


    変わらぬ景色の中に建つ、少し大きなご実家を建て替えたい・・・
    というご要望からプラン作成が始まり、
    約20坪の家づくりは着工へと進んで参りました。














    ribingu
    リビングのはきだし窓から見える景色は、ずっと変わらないものであってほしいです。
    甥っ子くんが、大人になっても「ここが一番!!」と言ってくれますように










    リビングから和室へ抜ける
    リビングから見えるコゲチャの木材は、以前のご実家で使われていたもの。
    普段のご生活の中に、少しだけ懐かしい思い出も含ませました。










    ロフトの階段
    施主様憧れのロフトへの階段
    西側の窓から差し込む光は、ぼんやりと足元を照らしてくれます。
    ここは、ちょっとした秘密基地になりました^^









    和室の内障子の様子
    和室の内障子と、リビングと和室の間の間仕切りも障子で仕上げました。
    柔らかい雰囲気の和室は、一番風通しが良いので、
    お昼寝はここでするのがいいですよね










    玄関ポーチ照明
    玄関ポーチ灯は、和にこだわったものを選びました。
    帰ってきて、まず初めに見えるこの照明で、
    『ほっ』と一息つける、味わい深い雰囲気があります








    ご協力頂きました職人さんたちにも感謝!(o^^o)
    大工さん水道工事屋さん左官さん





    思い出深いご実家を解体して、約3ヶ月半。
    古材を使いつつも、全体的にやわらかい雰囲気の家が完成しました。


    新しいお住まいで始まる暮らしが、楽しいものとなりますように・・・

    ありがとうございました。

    現場打ち合わせ☆

    0


      今日はお天気に恵まれて、
      とても良い日和のなか、
      新居の中で打ち合わせでした


      モノクロ写真
      もうすぐお引渡し。








      梁
      寝室のロフトベッドから見えるのは、
      取り壊したご実家に使われていた
      タイコ梁
      思いを繋げて、また何十年と人が集う家となりますように。








      家具 ドレッサー
      現場管理のT(男性)は
      一度も使ったことのない
      ドレッサーを一生懸命デザインしました!








      打合せが終わり帰るときには、
      マスコットボーイ
      またねとマスコットボーイにご挨拶





      「あと少しですね^^ 本当に楽しみです!!」
      こんなに喜んで頂けて、今日は最高な一日でした^^

      完成まで、ラストスパート!
      がんばります


      | 1/1PAGES |

      カテゴリ

      最新記事

      アーカイブ

      サイト内検索

      カレンダー

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      リンク

      その他

      携帯

      qrcode