正匠ブログ:現場レポート
「正匠の家」現場レポート

アフターメンテナンスに行ってみたら

0

    2004年に引渡しをさせていただいた隼人町のM様邸
    民家風の「ソーラーサーキットの家」で、完成見学会の時は
    それはそれは大勢の方に見ていただきました。
    あれから、早くも8年半が過ぎました。



    こちらのM様、現在東京に引越しされて3年半がたとうとしています。
    5年半後には帰ってこられるご計画ですが、
    その間、弊社で鍵を預からさせていただきまして、
    台風の後は外回りを点検し、また室内の換気のため、あるいは側溝から
    虫や臭いが上がってこないよう配水管のSとラップに水を入れたりして
    管理しています。

    今年の夏は、隼人の家には帰ってこないというお話を伺っていましたので
    8月某日いつものようにアフターをしておかなくてはと思い。
    M様宅に行くと窓が開いていましたので、知り合いの方が開けたのだろうと思い。
    奥様の携帯に連絡すると、どうも声が近い感じがしたのです。
    窓が開いていることを伝え、今から鍵を開けますと言うと
    今、隼人に帰ってきています。と言うではないですか
    キョロキョロしていると奥様が勝手口から顔をのぞかせ久しぶりの再会。
    すぐに出てこられしばし歓談、そのうちご主人様も出てこられ
    家族5人で帰ってこられたとのこと、
    アフターで管理していることに、ご主人様からも感謝のお言葉を頂きました。
    そして、8年経つとお子様も大きくなられ、
    それに合わせるかのように、庭の木も大きく育っています。

    M様の奥様が家づくりをスタートさせ、プランの打ち合わせ中に
    「将来、子供たちの田舎になるような自然素材をたくさん使った家を建てたい」
    と言われた言葉を思いだしますが、
    年が経つにつれて、年々いい雰囲気の家になりつつあります。

    これからも、定期的にアフターをさせていただきます。
    M様の家づくりのストーリーが完結するまで。

                                                                                kuboyama






    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カテゴリ

    最新記事

    アーカイブ

    サイト内検索

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    リンク

    その他

    携帯

    qrcode