正匠ブログ:現場レポート
「正匠の家」現場レポート

[気密測定を実施しました]

0
    先日は、姶良市の建設現場で「気密測定」を行ってまいりました。
    この「気密」については、色々と目にする機会が増えてきているのではないでしょうか。
    すき間の少ない家(高気密住宅)などがこれにあたります。

    正匠では、少しでも快適にすごしていただけるように、この「気密」をはじめとした、
    こだわりをもって、家づくりに取り組んでいます
    おきらきら

     

    [今回の気密結果] C値=0.3c/

    ▶住宅における「気密って?」
     家の中にどれだけの「すき間」があるかを調べる検査です。
     単位の「C値(隙間相当面積)」が、0に近いほど気密性能が高いとされ「高気密」住宅とされています。
     ちなみに、世界でもっとも厳しい基準とされている「カナダ基準(C値=0.8c/)」があります。
     
     そこで、今回の検査結果「C値=0.3c/屐廚いがでしょうか。
     すき間が少ない正真正銘の「高気密住宅」となりました!

    ▶家のすき間がすくなければこんなメリットがあります
     ・隙間が少ないほどムダな冷暖房費がかかりません
    ストーブクーラー 財布
     ・部屋ごとの温度差がすくなくなり健康に配慮された温熱循環になります温度計
      (2015年交通事故死者数4,117人、2011年温度差によるヒートショックによる死者数約17,000人)
     ・外の騒音が入りにくいのでとても静かでぐっすり眠れる環境をつくります
    寝る

     
    正匠は、2020年省エネ基準をいち早くクリアし、断熱性能だけではなく気密性能も重視しています

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カテゴリ

    最新記事

    アーカイブ

    サイト内検索

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    リンク

    その他

    携帯

    qrcode